男性の美容整形は、東京で開院17年の酒井形成外科 美容外科 美容皮膚科
酒井形成外科 メンズ 診察予約

あご骨切り

あご

あご骨切り手術の特徴

長い四角いあごではなく、ほっそりした感じの「尖ったあご」になりたいと思っている方、顎を小さくしたいという方にお勧めすることのできる美容外科の美容整形手術です。

あご骨切りは、口腔内から、下の前歯の歯茎の付け根に5cm程の切開を入れて、骨膜下に剥離を進めて、あご骨を切る手術法です。
手術は直視下で、サジタールソウという顔面骨専用電動ノコを使用します。全身麻酔下での手術の為、患者さまにはとても楽に手術を受けていただけます。

あご骨切り手術の概要

えら骨切り同様、全身麻酔の手術になります。
口腔内、下の前歯の歯茎の付け根に5cm程の切開を入れ、骨膜下に剥離を進めるとあごの骨(下顎骨前部)がきれいに露出します。下顎骨の中心から2〜 3cmのところに感覚神経の終末(三叉神経の末梢)が出ていますので、これより下の部分の骨は切断することが可能です。

あご骨切り手術の概要

下顎骨の前方中心からえらに向かい、なだらかになるように骨を切除しますと、あご自体を短くすることができます。時に男性的なもったりしたあごを、ほっそりした感じの「尖ったあご」にすることもできます。
サジタールソウという顔面骨専用電動ノコを使えば比較的簡単に骨切り手術は行えます。直視下手術なので安全です。
手術中感覚神経を避けるようにしますが、神経には保護器で触りますので術後一時的に下くちびるに感覚麻痺が発生することがあります。これは2〜3ヶ月で改善します。

あご骨切り手術の症例

症例 1

あご骨切り手術 | 術前
あご骨切り手術 | 術前

術前
あご骨切り手術 | 術後
あご骨切り手術 | 術後

術後

実際の手術ではあご骨をしっかり出し、骨切除ラインは長めに取れるようにしました。骨を切る直前にラインをデザインします。

あご骨切り手術 3DCT画像
3DCTによる画像
あご骨切り切除の様子
あご骨の切除の様子
切除したあごの骨
切除したあごの骨

症例 2

あご下の全体を小さくした症例

あご骨切り | 術前
あご骨切り | 術前

術前
あご骨切り | 術後
あご骨切り | 術後

術後

えらの張り出しとあごを含め、顔の下の全体を小さくしたいという症例です。えら骨切りラインに続く様にあごの骨を切除しました。
顔の下半分がすっきり小さくなっています。また、下顎全体のラインが優しくなっています。

あご骨切り手術 3DCT画像
3DCTによる画像

3DCTスキャンでは特に向かって右がわのえらが張り出しているのが確認できます。また、顎はかなり前方に出ています。 3DCTスキャンの映像を参考に美しいラインを設定できます。

切除したあごの骨
切除したあごの骨

実際に切り出した骨です。ラインを直線的にしないように数回に分けて切り出しています。

症例 3

あご骨の切除と人工骨の症例

あご骨切り手術の症例
術前
あご骨切り手術の症例
術後

症例 4

あご骨切り手術の症例
術前
あご骨切り手術の症例
術後

あごが著しく前方突出されている患者さまです。
あごの骨の長さは殆ど変えず、前方の突出した骨のみ切除しました。
側面の術前と術後の写真を見比べると、きれいに改善しているのが分かると思います。

あご骨切り手術の利点と欠点

あご骨切り手術の利点

あご骨切りのメリットとしては、顎を短くするにはこの手術しかありません。しかし、口腔内から進入するため、傷痕も残らず後遺症の心配も殆どありません。あご下のたるみに対しても対応策が考案されています。

あご骨切り手術の欠点

あご骨切りのデメリットとしては、全身麻酔、入院等の病院設備や、専用骨切り器等高級機器が必要なため、簡単お手軽というわけにはいきません。また、包帯を巻いている2〜4日間はうっとおしさは否めません。腫れも2〜3週間は我慢が必要です。
顎の骨は切りすぎると、顎下にたるみが出ることがあります。筋肉を骨につり上げるような処置が必須です。

あご骨切り手術の実際

手術のポイント
  • 術前に3DCTを撮り、正確な骨切り計画を立てる。
  • えらに向かう側方へは以外に長めに骨切りを進める。
  • 下顎の感覚神経は十分保護をする。
  • 骨髄からの出血は十分止血する。
  • よく骨の中抜きということを聞きますが、実際は無理です。(白人種の男性でよほど長い骨ならば可能かもしれませんが…)
  • 顎下に皮膚のたるみが出る場合、顎下の筋肉を顎の骨に固定したり、人工骨(バイオペックス)で補充したりします。
  • 術後の包帯圧迫は重要である
あご骨切り手術の実際

あご骨切り手術の手術時間と術後経過

手術は全身麻酔下で行い、麻酔準備を含め約1時間30分程度で終わります。
入院中は疼痛緩和治療などが自由にできますので安心してお休みいただけます。
手術翌日には退院となりますが、2〜3日間は包帯をしっかり顔に巻きます。くちびるの腫れなどは、約1週間で改善します。あごの腫れは2週間程度でかなり落ち着きますが、骨切りした骨の周りの硬さが完全にほぐれるのは2ヶ月程かかります。
術後2ヶ月ほど、下くちびる周囲に感覚障害が残ることがありますが、いずれは自然に改善します。
口腔内は溶解糸を使うため、抜糸は必要ありません。糸は3週間程で溶解します。

あご骨切り手術のアフターフォロー

退院後、渡されたうがい液でよくうがいをします。軽い歯磨きも問題ありません。シャワー浴は退院した日から可能ですが、顔に巻いた包帯は濡れないように注意しましょう。
お食事は柔らかいものなら自由です。ただし食後はうがい等により、口腔内は清潔に保ちましょう。
包帯は、術後3〜5日目に取ります。包帯除去後は洗髪洗顔も可能です。
術後2週間目、おおよそ腫れも引くころに状態と傷の観察をします。さらに十分おちついた2ヶ月後にデザインチェックをいたします。

合併症

現在は機械的に安全に手術ができるようになりましたが、次の事項には十分注意も必要です。

血腫

骨髄からの出血が主です。ボーンワックスやアビテンなどの骨止血剤を利用します。また、術後の圧迫も大切です。

知覚神経麻痺

下あごの骨にはオトガイ神経(三叉神経)があり口唇周りの感覚に関係しています。手術で神経を触るため、2〜3ヶ月の感覚の鈍麻がありますが、概ね改善します。ただし、なんらかの障害で神経が切断されると、麻痺が長期におよぶ可能性があります。

あご骨切り手術の手術費用

項目 金額
(消費税別)

あご骨切り手術の詳細情報

施術時間 約1時間30分程度
施術後の通院 術後3〜5日目に包帯除去。術後2週間目に状態観察。2ヶ月後にデザインチェック。
腫れについて 唇の腫れ1週間。顎の腫れ2週間程度で落ち着くが、完全に柔らかくなるのに要2ヶ月。
カウンセリング当日治療 不可
入院の必要性 必要
麻酔 全身麻酔
酒井形成外科 美容外科 美容皮膚科の診察のご予約はこちらから