男性の美容整形は、東京で開院17年の酒井形成外科 美容外科 美容皮膚科
酒井形成外科 メンズ 診察予約

レーザー脱毛

お肌のレーザー治療

ニキビ・ニキビあとを治したい

ニキビは皮膚の毛嚢脂腺系の病気です。毛穴に老化した皮脂が詰まることにより発生し、ばい菌が増加することで悪化します。ニキビをケアする時に最も大切なことは洗顔です。また、皮膚科での一般的治療も基本ですが、それでも治りにくいニキビの美容皮膚科的治療があります。

フラクショナルレーザー

フラクショナルレーザーは、皮膚の陥凹性変形(凹んでしまう変形)を改善します。 毛穴の拡大やニキビ痕、小じわなどによって凸凹になっているお肌の表面を整えたり、お肌の張りを取り戻すことができます。

ケミカルピーリング(医薬品のサリチル酸マクロゴールによる高濃度ピーリング)

ケミカルピーリングは、角質表面を化学物質で浅く溶かすという意味合いがあります。ニキビ治療やすべすべの肌を取り戻すのには最適です。

フォトRF(オーロラ)によるリジュビネーション治療

フォトRFは、IPLという特殊な光の作用と同時にRF(高周波電気)の作用で真皮にコラーゲンを再生させ肌に張りを生むことにより小ジワを減少させます。オーロラの作用で肌はみずみずしくピンと張りがでます。
レーザーのようなダウンタイムが殆どなく、また、痛みも少ないのも特徴です。

カーボンピーリング(レーザーピーリング

開いてしまった毛穴や角栓により黒ずんだ小鼻の毛穴、ニキビ跡のデコボコに高い効果を示し、お肌のキメを整えるレーザーピーリングです。毛穴の汚れが取れるだけでなく、お肌のハリを改善していきます。

毛穴治療・こじわ

顔の皮膚の角質が必要以上に硬化肥厚してごわごわしたり、真皮層のコラーゲンが劣化硬化したりすることよってできるしわの改善です。

カーボンピーリング(レーザーピーリング)で黒点の除去、お肌のキメを整える

ニキビ跡のデコボコに高い効果を示し、お肌のキメを整えるレーザーピーリングです。毛穴の汚れが取れるだけでなく、毛穴自体がキュッと閉まり、お肌のハリが改善していきます。

フォトRF(オーロラ)によるニキビ跡のケア

フォトフェィシャルの発展形であるフォトRFは、IPLという特殊な光の作用で肌のクスミやシワに有効です。RF(高周波電気)を同時に作用させているためレーザーのようなダウンタイムが殆どなく、また、痛みも少ないのです。さらにRFの効果に真皮のコラーゲンを増加し皮膚を膨らませる事があげられています。この事により、ニキビ跡をやわらげます。

表情じわ

表情じわとは、顔の表情筋がおりなす表情が固着してできる、しわのことです。例えばおでこの横じわや目尻のからすのあしあと等です。

ボトックス注射

ボツリヌスA毒素を少量筋肉内に作用させると、3〜5ヶ月程筋肉が麻痺することにより、表情が出なくなります。このことによって表情しわも消失するわけです。もちろん、麻痺がおこるのはそこの表情だけですから、そんなに違和感はありません。思いの外しわには大変効果があります。

ヒアルロン酸注入

すべての生物に同一性化学物質として存在するデルマタン硫酸は、水分をコロイド状(美容液のようなトロトロした性状)に保つ大切な生命活性物質です。
この人体にきわめて安全な物質を皮膚に注入すると、注入部位の皮膚を膨らませることが可能なため、手軽なしわ改善剤として利用されています。
尚注射用ヒアルロン酸製剤には柔らかいもの、やや硬いものかなり堅いもの等、時と場合によって使い分けられるように製剤されています。

肌のしみ・くすみ・あざ・ほくろ

Qスイッチヤグレーザー治療

  • いわゆる老人しみを取りたい (老人の顔側面にみうけられる焦げ茶色のかさぶた様しみ・中年期頃に発生するしみをとりたい
  • アザ(生まれつき存在する皮膚色の変化)を消したい
  • 入れ墨を消したい

Q-スイッチレーザーとは、いままでのレーザーとは比べ物にならないほど照射時間が短く、パワーが高いレーザーです。
大変精密さを要し、高級レーザーといわれています。
皮膚の外側〜内側まで治療が可能です。

フォトRFによるリジュビネーション治療

・中年期頃に発生するしみをとりたい

フォトフェィシャルの発展形であるフォトRFは、IPLという特殊な光の作用で肌のクスミやシワに有効です。RF(高周波電気)を同時に作用させているためレーザーのようなダウンタイムが殆どなく、また、痛みも少ないのです。レーザーでは効果のない肝斑にも有効です。IPLによって色素の改善、RFによって真皮層のコラーゲンの造成に役立ちます。

お肌の若返り(肌の弾力・つや)

プラセンタ療法

プラセンタエキスの投与で全身の細胞が活性化され細胞レベルの若返りが期待できます。
血液循環を改善し、皮膚の血行を増すことと免疫系の賦活作用で皮膚のコラーゲンの生成を増加します。また、活性酸素の働きを抑制し免疫力を賦活化させます。これにより様々な病気や老化から体を守るなどさまざまな効能が期待できます。

酒井形成外科 美容外科 美容皮膚科の診察のご予約はこちらから