男性の美容整形は、東京で開院17年の酒井形成外科 美容外科 美容皮膚科
酒井形成外科 メンズ 診察予約

二重まぶた切開法 | メンズ

二重まぶた埋没法 | メンズ

二重まぶた埋没法とは

切開をしないで、糸を皮膚に埋没させることで二重まぶたを形成します。
男性らしさの中に優しさをプラスする二重まぶたにしたいけど、美容外科手術はちょっと怖い、アイプチはめんどうだけど、まずは試してみたいという方に,是非おすすめしたい二重まぶた手術が埋没法です。
また、この埋没法では手術後気に入らない場合早い時期でしたら、簡単に元のまぶたに戻せます。手術後2ヶ月以内くらいでしたら、ふたえの幅の修正も可能です。

一重まぶたを二重まぶたにしたイメージ
一重まぶた
一重の状態
二重まぶた
二重にしたイメージ

二重まぶた埋没法手術の概要

二重まぶた埋没法

埋没式二重まぶたは、専用の細いナイロン糸をまぶたの裏から表へ通し、好みの位置に二重線を作る方法です。糸はまぶたの結膜と皮膚の間に埋没させるため、表面には現れません。美容外科の中でも簡単な手術のひとつです。
ただ、簡単といってもまぶたの裏側の処置や糸をかける位置は、微妙な調節を必要とします。
二重まぶた埋没法には、1〜2点という超簡易法から6点を超える複雑な埋没法まであり一長一短です。ただ、埋没法はあくまで一時的と考えたほうが無難でしょう。
なお、酒井法(6点式)では二重まぶた切開法とあまり変らないレベルでの維持はできると自負しています。

二重まぶた埋没法 酒井式6点法

取れにくく、美しいラインが持続する酒井法では、6点もの糸固定点があります。しっかりした二重を持続できる反面、腫れがやや続きます。
もっとカジュアルにと考えている方には、2点式がおすすめです。

【コラム】埋没10点法ってあるの?
顕微鏡下での二重まぶたの手術の様子
顕微鏡下での二重まぶたの手術の様子
最近「当院のふたえの埋没は・・点法です」なんてキャッチフレーズを耳にします。
なんだか多ければ多いほど「高級感」を受けます。 本当にそうでしょうか?
二重まぶた手術の「埋没法」とは、「糸埋没式二重まぶた手術法」の略で、つまり極めて小さな切開を上まぶたの皮膚に入れそこから糸をまぶたに埋め込み、瞼板と上まぶたに癒着を構成させ「簡単」にふたえを作る美容外科の手術法を指します。
かつては、まぶたの皮膚に1本の糸で2箇所の点をうがち、簡易(プチ)に行う手術と相場は決まっていたものでした。それ以上を望むなら、切開法を選択すべき、というわけだったのです。
二重まぶた埋没法の利点は
・簡単に手術ができる
・したがって腫れなどのダウンタイムが少ない
・糸を外せばいつでも元に戻せる というものです。
しかし、欠点として、術後1〜2年で自然に元に戻ってしまうことが多いことやラインどりに多彩さが無い、ことがあげられます。
そこで、多数の糸で多数の点を支えれば、その欠点が補えると考えられています。
私は、4点〜8点までの二重まぶたの多数点埋没法手術を試みてみました。
4点では、やや物足りなさを感じますが、8点以上では、修正が困難になるばかりでなく、腫れなどのダウンタイムがほとんど二重まぶた切開法と変らなくなってしまうという結果になりました。
ですから、私が推奨する6点(二重まぶた埋没法 本格系6点酒井法)とはまさにプラチナ6なのです。

二重まぶた埋没法の症例

症例 1

二重まぶた埋没法 | 術前
二重まぶた埋没法 | 術前

二重まぶた埋没法 | 術前
二重まぶた埋没法 | 術後
二重まぶた埋没法 | 術後

二重まぶた埋没法 | 術後

二重まぶた埋没法の利点と欠点

二重まぶた埋没法の利点

埋没式二重まぶたは、糸さえ切れば、元に戻したり、新たにデザインをし直したり、術後の自由度は高いのです。また、腫れが比較的早期に減少することから、社会復帰が早いことも利点でしょう。

二重まぶた埋没法の欠点

埋没式二重まぶたのデメリットは、糸をかけるだけなので、糸の寿命とともにいずれ二重が消失してしまいます。おおよそ2〜3年の寿命といわれています。
また、複雑なデザインは不可能で、とくに眼瞼下垂(がんけんかすい)があったり、目の上の脂肪や皮膚が厚い方では、きれいな二重まぶたが作りにくいことが欠点です。

二重まぶた埋没法の手術の実際

手術のポイント
  • 埋没式二重まぶたは、使用する糸が少ないと取れやすく、多すぎると腫れが長く続く。6本程度がベスト。
  • 糸の結びは強すぎると腫れがとれず、弱すぎると二重線がはっきりしない。
  • まぶたの裏側の糸の掛ける位置は瞼板(タルザス)の上端とする。瞼板の真ん中では角膜に影響し(角膜炎の原因)、上すぎると、挙筋に影響する(眼瞼下垂の原因)。
二重まぶた埋没法の手術の実際

二重まぶた埋没法の手術時間と術後経過

埋没式二重まぶたの手術はデザインの時間を含め30分程度です。
手術後30分ほど休息した後お帰りになれます。目が腫れていますので、眼鏡か薄めのサングラスをご持参ください。
抜糸などは一切必要ありません。手術後1週間ほどで内出血の色などは、おちついてきます。手術後3週間ほどでおおよその腫れもおちつきますが、完全におちつくには2か月はかかります。それまでは「やや大きなふたえ」と感じると思います。

二重まぶた埋没法のアフターフォロー

コンタクトレンズの使用は、まぶたの腫れがおちつき一度装着してみて違和感がなければ問題はありません。

二重まぶた埋没法の手術費用

項目 金額
(消費税別)
二重まぶた埋没法(6点固定 両側) 12万円
二重まぶた埋没法(4点固定 両側) 10万円
埋没法他院修正(両側) 12万円
埋没糸取り(1箇所) 2万円

二重まぶた埋没法の詳細情報

施術時間 30分程度
施術後の通院 術後1週間目(傷のチェック)と術後2ヶ月目(デザインチェック)
腫れについて 術後3週でおおよそ落ち着くが、完全に落ち着くには2ヶ月程度必要
カウンセリング当日治療 可能
入院の必要性 不要
麻酔 局所麻酔
酒井形成外科 美容外科 美容皮膚科の診察のご予約はこちらから