男性の美容整形は酒井形成外科・美容外科 / メンズサイト

酒井形成外科 診察予約

パイプカットによる男性避妊

パイプカットとは

パイプカットとは、男性が行う避妊法です。

パイプカットとは、手術で行う男性に対する避妊法です。
陰嚢(いんのう)の裏側にある精管(パイプ)を見つけ出し、小さな切開で露出します。
パイプ(精管)は、約1cm程切り出し、断端を丁寧に処置します。
勃起障害や男性機能障害の心配は全くありません。


パイプカットの手術の特徴

パイプカット手術では、陰嚢(いんのう)の裏面で精管を触診し、それを把持したまま、そこに5mm程の小さな切開を加えます。精管を露出したところで、それを切断するのではなく、その一部を切除します。

精管は、原始的な臓器のため意外に再疎通(さいそつう)し易いのです。したがってその断端(だんたん)は離しておく必要があります。

術後は2〜3日でシャワー可となり、殆ど安静は必要ありません。
ただ、パイプカットの手術後1ヶ月間程度は避妊をして下さい。なぜなら、精嚢(せいのう)に溜った精子が生きていることがあるからです。心配無いよう性交の前に精液検査をお勧めします。

パイプカットの手術の流れ

パイプカットの利点と欠点

パイプカットの利点

パイプカット手術のメリットとして、傷痕は殆どわかりません。精液検査を行い、手術結果を確認することができます。

パイプカットの欠点

パイプカット手術のデメリットは、精管の再接着が困難なことです。永久の男性避妊効果があるかわりに、もし、パイプカット後再度妊娠を希望しても叶わないことを納得すべきと考えます。

パイプカットの手術時間と術後経過

パイプカットの手術は、40分程度です。
術後10日目に抜糸をします。溶解糸を利用した場合は、抜糸は必要ありません。
術後2週間目に精液検査をし、精子が抑制されているのを確認後、避妊をせずセックスが可能になります。

パイプカットのアフターフォロー

術後すぐご帰宅になれます。抜糸までは入浴はできませんが、術後3日目かからシャワー浴が可能です。
傷痕1か月くらいはやや硬くなりますが、その後改善し傷痕も殆ど分からないくらいに仕上がります。
セックスは、パイプカットの術後1週間くらいは控えるようにしますが、術後の精液検査後は避妊の必要はありません。

パイプカットの手術費用

項目 金額
(消費税別)
パイプカット 20万円

パイプカットの詳細情報

施術時間 60分程度
施術後の通院 術後2〜3日後に圧迫外しで来院
10〜14日後の抜糸
腫れについて 1ヶ月程度
カウンセリング当日治療 基本的に不可
感染症の血液検査結果があれば可能
入院の必要性 不要
麻酔 局所麻酔