男性の美容整形は、東京で開院17年の酒井形成外科 美容外科 美容皮膚科
酒井形成外科 メンズ 診察予約

皮膚とわきがの関係  | メンズ

わきが・多汗症と皮膚の関係

皮膚とわきがの関係

人体の皮膚組織は表皮と真皮に分けられます。
表皮は細胞が層になっていて、その最外層は角質を形成しています。
角質の外層はいずれ垢となり皮膚から脱落します。
真皮はおもにコラーゲン繊維で成り立っています。このコラーゲン繊維の中に血管や神経、あるいは汗腺、皮脂腺、毛根などの皮膚の器官となる細胞が埋まっています。これらは皮膚に栄養を与えたり、感覚を感じたり、汗を出して体温を調節したりなど、いろいろな皮膚の機能をもたらすのです。

皮膚とわきがの関係

この皮膚の重要な器官に汗腺があります。
汗腺にはエクリン汗腺とアポクリン汗腺があり、このうちのアポクリン汗腺は、わきの下、外耳道、外陰部など皮膚の限られたところの毛根部だけに存在し、ここから分泌されるタンパク質が臭いの原因となります。

わきが・多汗症の治療には、注射で注入するBOTOX(ボトックス)注射法から従来より行なわれている吸引法、掻爬法(そーはーほう)、剪除法(せんじょほう)、また、酒井形成外科で最もよく行われている超音波メス法(キューサー・サクション法)があります。
わきが・多汗症の治療はいくつかの方法がありますので医師と相談して、あなたに適したわきが治療をおこないましょう。

酒井形成外科 美容外科 美容皮膚科の診察のご予約はこちらから